日本キリスト教会

近江草津伝道所

 

   〒525-0027

    滋賀県草津市野村5丁目3-5

    TEL;FAX: 077-562-1641

 

  日本キリスト教会についてはこちらを⇒

  アクセスについてはこちらを⇒

  お問い合わせ等についてはこちら⇒


           

     近江草津伝道所は「日本キリスト教会」 に属する教会です。「伝道所」と呼ばれる小さな集会ですが、神を信じ、日曜日毎に礼拝を捧げて神を賛美し、神の言葉である聖書の説き証し(説教)を聴き、ともに祈り、聖礼典(洗礼・聖餐式)に与る群れであるとともに、神の言葉に従い、それをひろく世に伝えようとする「教会」であることにかわりありません。                                  

    私たちは「旧約聖書(旧い契約)」、「新約聖書(新しい契約)」にもとづいて、ほぼ2000年ほど前のこと、この世に生きたイエスという方が、神と一体であり、神に遣わされた救い主(キリスト)であることを信じています。どなたでも、それぞれの人生を、自らの目的を見据え、希望に満ち喜びにあふれて、自由に力強く生きたいと願っています。しかし、現実には、日毎の生活には不安がつきまとい、心の内も悩みに満ちています。何時おおきな不幸や悲しみがおそってきても不思議ではありません。それは避けがたいことす。しかし、耐えがたく、あってはならない筈のこと、不自然なこと、と私たちは感じます。なぜそうなのでしょうか。《 私たちが、神のお造りになった世界の秩序に逆らって、神に背を向け、自分の力だけに頼って世界を造りあげようとしたからだ。しかし、究極的には、人間の力ではそれをどう解決することもできない、イエス・キリストの招きに応えるほかには》と聖書は教えます。そのことに気づかされ、真の自由と喜びに満ちて神と共に生きることへ、神ご自身が招いておられます。

 

    教会はどなたにもに開かれています。まことの平安・平和を求めている方々、世の在り方に、あるいは自分自身に、不確かさと不安を感じ、痛みを覚えている方々、体と心のさまざまな苦しみに耐えている方々、すでにキリスト教会を訪れた経験のある方々、聖書に触れたことのある方々、なんとなくキリスト教に関心のある方々、どのような方でも歓迎です。どうぞ、近江草津伝道所の日曜日の礼拝にご出席ください。


《2019年祈祷課題》

 

   「創設30周年の年、なお途上にあり、

           立ち止まらず救いの完成を目指して走る」 

 


主日礼拝(2019年9月15日)  new   

 説教:「人生を変える決断」

 聖書:「創世記」31章1-21節

     説教者:南 望

 (日本キリスト教会香里園教会牧師)

聖書:「創世記」31章1-21節   

31:1 ヤコブは、ラバンの息子たちが、「ヤコブは我々の父のものを全部奪ってしまった。父のものをごまかして、あの富を築き上げたのだ」と言っているのを耳にした。

31:2 また、ラバンの態度を見ると、確かに以前とは変わっていた。31:3 主はヤコブに言われた。「あなたは、あなたの故郷である先祖の土地に帰りなさい。わたしはあなたと共にいる。」31:4 ヤコブは人をやって、ラケルとレアを家畜の群れがいる野原に呼び寄せて、31:5 言った。「最近、気づいたのだが、あなたたちのお父さんは、わたしに対して以前とは態度が変わった。しかし、わたしの父の神は、ずっとわたしと共にいてくださった。31:6 あなたたちも知っているように、わたしは全力を尽くしてあなたたちのお父さんのもとで働いてきたのに、31:7 わたしをだまして、わたしの報酬を十回も変えた。しかし、神はわたしに害を加えることをお許しにならなかった。31:8 お父さんが、『ぶちのものがお前の報酬だ』と言えば、群れはみなぶちのものを産むし、『縞のものがお前の報酬だ』と言えば、群れはみな縞のものを産んだ。

31:9 神はあなたたちのお父さんの家畜を取り上げて、わたしにお与えになったのだ。31:10 群れの発情期のころのことだが、夢の中でわたしが目を上げて見ると、雌山羊の群れとつがっている雄山羊は縞とぶちとまだらのものばかりだった。

31:11 そのとき、夢の中で神の御使いが、『ヤコブよ』と言われたので、『はい』と答えると、31:12 こう言われた。『目を上げて見なさい。雌山羊の群れとつがっている雄山羊はみな、縞とぶちとまだらのものだけだ。ラバンのあなたに対する仕打ちは、すべてわたしには分かっている。31:13 わたしはベテルの神である。かつてあなたは、そこに記念碑を立てて油を注ぎ、わたしに誓願を立てたではないか。さあ、今すぐこの土地を出て、あなたの故郷に帰りなさい。』」31:14 ラケルとレアはヤコブに答えた。「父の家に、わたしたちへの嗣業の割り当て分がまだあるでしょうか。31:15 わたしたちはもう、父にとって他人と同じではありませんか。父はわたしたちを売って、しかもそのお金を使い果たしてしまったのです。1:16 神様が父から取り上げられた財産は、確かに全部わたしたちと子供たちのものです。ですから、どうか今すぐ、神様があなたに告げられたとおりになさってください。」

31:17 ヤコブは直ちに、子供たちと妻たちをらくだに乗せ、

31:18 パダン・アラムで得たすべての財産である家畜を駆り立てて、父イサクのいるカナン地方へ向かって出発した。

31:19 そのとき、ラバンは羊の毛を刈りに出かけていたので、ラケルは父の家の守り神の像を盗んだ。31:20 ヤコブもアラム人ラバンを欺いて、自分が逃げ去ることを悟られないようにした。31:21 ヤコブはこうして、すべての財産を持って逃げ出し、川を渡りギレアドの山地へ向かった。

                    (新共同訳聖書より)


 諸集会のご案内  

  祈祷会 9月26日(木)午後2時より   

   ルカによる福音書 8章後半      

  聖書の学びの会 9月19日(木)10時半より

    関田 寛雄『十戒・主の祈り』

   第14章 主の祈り3                

   読書会 8月22日(日)礼拝後

   朝岡 勝『教会に生きる喜び

      ―牧師と信徒のための教会論入門―』(教文館)  

      第5章

 

     諸集会について詳しくはこちら⇒     


  2019年度予定表

 1月3日 初週祈祷会

 2月10日 伝道所定期総会

 3月6日 レント

 3月20,21日 定期中会 於:西都教会

 4月14日 受難週

 4月18日 受難週祈祷会

 4月21日 イースター

 6月9日 ペンテコステ

 7月7日 春の伝道集会

 9月16日 修養会 於: 西都教会 

        テーマ「日本キリスト教会と私たち 」

 10月16-18日 日本キリスト教会定期大会 於:柏木教会

 12月1日 アドベント

 12月22日 クリスマス礼拝




伝道所の現況

伝道所看板

集会案内板