日本キリスト教会

近江草津伝道所

 

   〒525-0027

    滋賀県草津市野村5丁目3-5

    TEL;FAX: 077-562-1641

 

  日本キリスト教会についてはこちらを⇒

  アクセスについてはこちらを⇒

  お問い合わせ等についてはこちら⇒


           

     近江草津伝道所は「日本キリスト教会」 に属する教会です。「伝道所」と呼ばれる小さな集会ですが、神を信じ、日曜日毎に礼拝を捧げて神を賛美し、神の言葉である聖書の説き証し(説教)を聴き、ともに祈り、聖礼典(洗礼・聖餐式)に与る群れであるとともに、神の言葉に従い、それをひろく世に伝えようとする「教会」であることにかわりありません。                                  

    私たちは「旧約聖書(旧い契約)」、「新約聖書(新しい契約)」にもとづいて、ほぼ2000年ほど前のこと、この世に生きたイエスという方が、神と一体であり、神に遣わされた救い主(キリスト)であることを信じています。どなたでも、それぞれの人生を、自らの目的を見据え、希望に満ち喜びにあふれて、自由に力強く生きたいと願っています。しかし、現実には、日毎の生活には不安がつきまとい、心の内も悩みに満ちています。何時おおきな不幸や悲しみがおそってきても不思議ではありません。それは避けがたいことす。しかし、耐えがたく、あってはならない筈のこと、不自然なこと、と私たちは感じます。なぜそうなのでしょうか。《 私たちが、神のお造りになった世界の秩序に逆らって、神に背を向け、自分の力だけに頼って世界を造りあげようとしたからだ。しかし、究極的には、人間の力ではそれをどう解決することもできない、イエス・キリストの招きに応えるほかには》と聖書は教えます。そのことに気づかされ、真の自由と喜びに満ちて神と共に生きることへ、神ご自身が招いておられます。

 

    教会はどなたにもに開かれています。まことの平安・平和を求めている方々、世の在り方に、あるいは自分自身に、不確かさと不安を感じ、痛みを覚えている方々、体と心のさまざまな苦しみに耐えている方々、すでにキリスト教会を訪れた経験のある方々、聖書に触れたことのある方々、なんとなくキリスト教に関心のある方々、どのような方でも歓迎です。どうぞ、近江草津伝道所の日曜日の礼拝にご出席ください。


《2019年祈祷課題》 new

   「創設30周年の年、

なお途上にあり、立ち止まらず

救いの完成を目指して走る」

 

近江草津伝道所開設

          30周年を迎えて

 

      日本キリスト教会西都教会牧師 

    当伝道所応援教師  

             田部 郁彦

 今年度の祈祷課題は、フィリピの信徒への手紙3章12~16節から導かれたものであります。近江草津伝道所は、今から30年前に群れとしてのスタートを切ったのであります。そして、今も、ゴールを目指して走り続けています。しかしながら、未だゴールには到達していないのであります。未だ途上にあるのであります。しかしながら、ゴールをしっかりと見定めて、走り続けていませんと、途上あることすら曖昧になってしまうのであります。特に、走り続けてきた時間が長くなる時に、最初に目指した目標が霞んでしまい、そのゴールが見えなくなってしまい、時には、ゴールに達したような気にさえなってしまうのであります。そして、「わたしは既にそれを得た」「わたしは既に完全なものになってしまった」、そのようにゴールに到達し、レースは完了したと思ってしまう人さえ出てきてしまうのであります。そういたしますと、人は、それ以上に走ろうとしませんし、走り続けたりはしないものであります。その人は、実際に、目標、ゴールには到達していなくても、その人にとってのレースは、そこで終わってしまうのであります。そのようなことを考えますならば、私たちは実際に「到達したところに基づいて進む」ことが大切である、ということが理解できるのであります。未だ、目標に到達していないにもかかわらず、思い違いをして、到達したつもりになっていてはいけないのであります。もし私たちが、「到達したところに基づいて進む」ことをしないなら、その競技自体がそこで終わってしまうのであります。 

 パウロの関心事は、未だ目標に、ゴールには到達していないフィリピの教会に向けられております。地上の教会は、フィリピの教会にしろ、そして私たちの教会にいたしましても、未だ目標に、ゴールに到達はしてはおりません。その途上にある教会にパウロの関心は向けられております。パウロの願いは、途上にある地上の教会が誠実に神様の呼びかけに応答し、感謝して、与えられた福音宣教と教会形成の使命を果たし、そして目標目指して走り続けることなのであります。ところで、今私たちは、目標目指して、一体、何処を走っているのでありましょうか。それは「途上にある教会の時」を走っているのであります。十字架と復活の出来事から、そして主イエス。キリストが再び来てくださるその時の、その「中間の時」を走っているのであります。つまり十字架と復活の出来事と、終わりの時に神の国が完全な仕方で到来する、その「中間の時」をっているのであります。ある人が「教会はこの中間の時を神の都を仰ぎ望みつつ歩む信仰者の集団である」と言っております。私たちは、実際に、その「中間の時」にあって「到達したところに基づいて進む」ことが大切なのであります。近江草津伝道所も、地上にある神の民として、この30年、「中間の時」の中で、目標を目指して走ってまいりましたし、そして今も、主なる神様の呼びかけに応答しながら走り続けております。そして今、到達したところに、私たちは立っているのであります。キリストに捕らえられ、それから今に至まで召しに応え、使命を果たしながら走り続けてきた行程があって、そうして今このところに到達したのであります。確かに今はまだ目標に到達してはおりませんし、今、私たちの教会は不完全であります。本当に主の召しに十分にお応えできたとは言えません。しかし、パウロは申します、まだ到達はしていない、そしてなお不完全であるが、その今、「到達したところに基づいて進む」ことの大切さを教えてくれているのであります。もし私たちが、「到達したところに基づいて進む」ことをしないなら、その競技自体が途中で終わってしまう、中断してしまうのであります。 


主日礼拝(2019年5月26日 午後3時)new   

 説教:「さすらう者に語りかける神」

 聖書:「創世記」27章46節-28章22節

     説教者:南 望

 (日本キリスト教会香里園教会牧師)        

聖書:「創世記」27章46節-28章22節 

27:46 リベカはイサクに言った。「わたしは、ヘト人の娘たちのことで、生きているのが嫌になりました。もしヤコブまでも、この土地の娘の中からあんなヘト人の娘をめとったら、わたしは生きているかいがありません。」

28:1 イサクはヤコブを呼び寄せて祝福して、命じた。「お前はカナンの娘の中から妻を迎えてはいけない。28:2 ここをたって、パダン・アラムのベトエルおじいさんの家に行き、そこでラバン伯父さんの娘の中から結婚相手を見つけなさい。

28:3 どうか、全能の神がお前を祝福して繁栄させ、お前を増やして多くの民の群れとしてくださるように。28:4 どうか、アブラハムの祝福がお前とその子孫に及び、神がアブラハムに与えられた土地、お前が寄留しているこの土地を受け継ぐことができるように。」28:5 ヤコブはイサクに送り出されて、パダン・アラムのラバンの所へ旅立った。ラバンはアラム人ベトエルの息子で、ヤコブとエサウの母リベカの兄であった。

28:6 エサウは、イサクがヤコブを祝福し、パダン・アラムへ送り出し、そこから妻を迎えさせようとしたこと、しかも彼を祝福したとき、「カナンの娘の中から妻を迎えてはいけない」と命じたこと、28:7 そして、ヤコブが父と母の命令に従ってパダン・アラムへ旅立ったことなどを知った。28:8 エサウは、カナンの娘たちが父イサクの気に入らないことを知って、28:9 イシュマエルのところへ行き、既にいる妻のほかにもう一人、アブラハムの息子イシュマエルの娘で、ネバヨトの妹に当たるマハラトを妻とした。

28:10 ヤコブはベエル・シェバを立ってハランへ向かった。

28:11 とある場所に来たとき、日が沈んだので、そこで一夜を過ごすことにした。ヤコブはその場所にあった石を一つ取って枕にして、その場所に横たわった。28:12 すると、彼は夢を見た。先端が天まで達する階段が地に向かって伸びており、しかも、神の御使いたちがそれを上ったり下ったりしていた。28:13 見よ、主が傍らに立って言われた。「わたしは、あなたの父祖アブラハムの神、イサクの神、主である。あなたが今横たわっているこの土地を、あなたとあなたの子孫に与える。28:14 あなたの子孫は大地の砂粒のように多くなり、西へ、東へ、北へ、南へと広がっていくであろう。地上の氏族はすべて、あなたとあなたの子孫によって祝福に入る。28:15 見よ、わたしはあなたと共にいる。あなたがどこへ行っても、わたしはあなたを守り、必ずこの土地に連れ帰る。わたしは、あなたに約束したことを果たすまで決して見捨てない。」28:16 ヤコブは眠りから覚めて言った。「まことに主がこの場所におられるのに、わたしは知らなかった。」28:17 そして、恐れおののいて言った。「ここは、なんと畏れ多い場所だろう。これはまさしく神の家である。そうだ、ここは天の門だ。」28:18 ヤコブは次の朝早く起きて、枕にしていた石を取り、それを記念碑として立て、先端に油を注いで、

28:19 その場所をベテル(神の家)と名付けた。ちなみに、その町の名はかつてルズと呼ばれていた。28:20 ヤコブはまた、誓願を立てて言った。「神がわたしと共におられ、わたしが歩むこの旅路を守り、食べ物、着る物を与え、28:21 無事に父の家に帰らせてくださり、主がわたしの神となられるなら、

28:22 わたしが記念碑として立てたこの石を神の家とし、すべて、あなたがわたしに与えられるものの十分の一をささげます。」

(新共同訳聖書より)


 諸集会のご案内  

  祈祷会 5月23日(木)午後2時   

   イザヤ書 16章        

  聖書の学びの会 6月20日(木)午前10時半。

    関田 寛雄『十戒・主の祈り』

       第12章 第10戒         

   読書会 5月26日(日)礼拝後

   朝岡 勝『教会に生きる喜び

      ―牧師と信徒のための教会論入門―』(教文館)  

            第3章 

 

     諸集会について詳しくはこちら⇒     

     2019年の行事予定

1月  3日    初週祈祷会

2月10日   (礼拝後)第31回 定期総会

3月  6日    レント(受難節)~4月13日

3月20-21日     定期中会(於:西都教会)

4月14日    受難週 ~4月20日

4月18日    受難週祈祷会

4月 21日       イースター   

6月    9日    ペンテコステ

6月  23日    春の特別伝道礼拝                                                                  

9月  16日    修養会(西都教会修養会に参加)   

10月16-18日    第68回定期大会(於:柏木教会)

11月    日        秋の特別伝道礼拝

12月  1日        アドベント 

12月22日           クリスマス礼拝(午後3時より)      



伝道所の現況

伝道所看板

集会案内板