近江草津伝道所略史

 

1979年 5月: 高槻教会が草津近辺の教会員宅にて月1回の集会を開始。

1980年 4月: 草津駅前草津勤労福祉会館内に集会の場所を移し、月2回の集会。

1982年 4月: 草津市野村字佃655−50に土地建物を購入。毎主日午後3時30分より礼拝。

1986年 4月: 教師試補浅井永が月3〜4回説教を担当(他は高井孝夫牧師が担当)

1988年 4月: 教師試補浅井永解職。宣教教師中野隆が説教を担当。高槻教会日曜学校草津分校を開始。

1989年 4月: 近江草津伝道所開設。主任教師として中野隆が就職。毎主日午前10時30分〜11時30分に礼拝、同日の午前9時30分〜10時15分に日曜学校礼拝。成人会員6名;小児会員2名、第一主日礼拝後に祈祷会を開始。

1992年  4月: 中野隆、近江草津伝道所主任教師を解職。

1993年  4月: 植田恵、近江草津伝道所主任者として就職。

1997年 12月: 植田恵、近江草津伝道所牧師として就職。

1999年   4月: 伝道所開設10周年記念礼拝、記念文集を発行。

2003年 10月: 伝道所の一部補修工事実施。

                11月 :当伝道所を「日本キリスト教会事業所」として登録、代表植田恵牧師。

2005年   3月: 近江草津伝道所便りを復刊。

                 11月 :近江草津伝道所便りを『湖畔の光』と改題。

2009年  4月: 伝道所開設20周年記念礼拝、伝道所だより記念号を発行。

2010年   4月: 植田恵牧師、近江草津伝道所牧師を解職。吉田教会鈴木和哉牧師が応援牧師となる。礼拝は主日午後3時より。礼拝説教は1・3・5 主日を鈴木和哉牧師が、2 ・4主日を西都教会田部郁彦牧師が担当。

2011年   8月: 礼拝のための諸環境を整える(屋根の塗装補修、玄関先)。

2012年  3月: 礼拝のための諸環境を整える(礼拝室椅子)。

              12月: 伝道所ベランダ横壁面に十字架を設置。

2013年   4月 :応援教師が鈴木和哉牧師から、田部郁彦牧師に交替。

2014年   1月 :第三主日礼拝説教を鈴木和哉牧師から高槻教会持田克己牧師に交替。

2016年   4月: 第四主日礼拝説教を田部郁彦牧師から香里園教会南 望牧師に交替。

 2017年  4月:第一主日礼拝説教を鈴木和哉牧師から、日本キリスト教会、武田晨一教師に交替。

      9月:『湖畔の光』をリニューアルし、新たにホームページを開設。 

2018年   4月:第一主日礼拝説教を武田晨一教師から、日本キリスト教会、安田修教師に交替。

      7月:聖書の学びの会『使徒信条講解』を読了し、関田寛雄著『十戒・主の祈り』を学び始める。

    10月:祈祷会、詩編の学びを終了。新たに第1,2,5木曜日はイザヤ書、第3木曜日はルカによる福音書の学びを開始。

 

 キリスト教会にとって、何よりも重要なのは日曜日(主の日)の礼拝です。近江草津伝道所でも同様ですが、それ以外に、祈祷会、日曜学校(高校生・青年会を含む)、聖書の学びの会、読書会、家庭集会、特別集会等を開いてきました。ただ、事情の変化により会の名称、開催曜日・時間等が変化していますので、上の年表には原則としてそのような事項は掲載していません。なお、読書会等の集会では、カール・バルト『教義学要綱』、婦人之友編集部『聖書 呼びかける言葉』、松永晋一『人は何によって生きるか』、渡辺信夫『カルヴァンの リスト教綱要」を読む』、茂 洋『信仰の散歩道』、棟居 洋『キリスト教史を学ぶ会』、ドナルド・K・マッキム『長老教会の信仰』などを読み、教義、イスラエルの歴史、教会の歴史等を学んできました。現在は日曜日の主日礼拝、日曜学校礼拝のほか、祈祷会、読書会、聖書の学びの会を開いていますが、詳しくは集会案内をご覧ください。